未分類
相続人不存在(相続財産管理人)の登記申請書

相続人の不存在とは、相続人のあることが明らかでない場合で、相続人の捜索が行われる場合のことです。 相続人のあることが明らかでない場合、相続財産は法人になります(すべての相続人が相続を放棄した場合も含む)。 相続人のあるこ […]

続きを読む
未分類
「戸籍の附票の写し」の様式が変更されます(令和4年1月11日以降)

令和4年1月11日以降、「戸籍の附票」について2点変更になります。 変更点 ①「生年月日」と「性別」項目の追加 「出生の年月日」、「男女の別」が、新たに戸籍の附票に記載されます。 なお、令和4年1月11日以前に戸籍から除 […]

続きを読む
未分類
登記簿からみる取引先信用調査

•登記簿はだれでも取れる •登記簿を見れば、その不動産の所有者がどのような経過でその不動産を取得し、現在はどのような信用状態にあるのか、おおよその見当がつく場合がある •登記簿は「履歴書」  不動産登記簿や会社の登記簿は […]

続きを読む
未分類
不動産売買の登記に必要になる書類一覧

売主(個人) ・登記識別情報   又は 登記済権利証 ・印鑑証明書 登記申請時に3か月以内のもの ・固定資産評価証明書 ・住民票 または 戸籍附票  登記簿上の住所と現住所が違う場合のみ必要になります登記簿上の住所から現 […]

続きを読む
未分類
法定相続人の範囲

死亡した人の配偶者は常に相続人となります。 配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。 第1順位  死亡した人の子供※その子供がすでに死亡しているときは、その子供の子供や孫などの直系卑属が相続人となりま […]

続きを読む
未分類
土地と取り壊し予定建物の売買

土地と取り壊し予定建物の取引では、1.決済時までに建物を取り壊して「更地」として引き渡す場合2.建物の引き渡し後に買主が取り壊す場合3.土地と取り壊し予定建物も 所有権移転登記 をして引渡しを受けた後に建物を取り壊す場合 […]

続きを読む
未分類
海外に住む日本人がいる場合の法定相続証明情報の住所の記載について

法定相続証明情報一覧図に相続人の住所を記載する場合、相続人の住民票の写しが必要になりますが、相続人のうち海外に住む日本人がいる場合には在留証明を添付することにより記載が可能のようです。

続きを読む
未分類
・法務局で自筆証書遺言書を保管する制度が開始します

令和2年7月10日から、法務局で自筆証書遺言書を保管する制度が開始します(7月1日から予約開始予定)。 手続には必ず遺言書本人が法務局に行く必要があります。 法務局において保管されている遺言書については、家庭裁判所での検 […]

続きを読む
不動産登記
QRコード付き書面登記申請

令和2年1月14日から、QRコード付き書面申請という、申請書総合ソフトから登記申請書を作成して送信後に通常の書面の申請と同じように登記申請書を持参若しくは送付する方法ができるようになりました。 電子署名が不要で登記原因証 […]

続きを読む
未分類
自筆証書遺言に関するルールが変わりました

自筆証書遺言の方式の緩和に関する部分が,平成31年1月13日に施行されました。 同日以降に自筆証書遺言をする場合には,新しい方式に従って遺言書を作成することができるようになります。 (同日よりも前に,新しい方式に従って自 […]

続きを読む